デリケートゾーン脱毛

MENU

デリケートゾーン脱毛がお得なサロン

人の手を借りてお手入れするにはちょっぴり恥ずかしい【デリケートゾーン脱毛】ですが、されど放ってはおけないデリケートゾーンです(u_u) このデリケートゾーン脱毛はまだまだ日本人にとっては認知度が低いようですが、海外女性にとっては常識的なことなんですよ^_^ 大切なパートナーにしか見せない部分だからこそしっかりとお手入れしておきたいところですよね☆ では、VIO脱毛の技術が高く、低価格なお得なサロンを紹介します!

 

 

年中 気を付けたい部位

普段、人に見せて歩くようなところではないので脱毛施術を受けるにも抵抗のある箇所かと思いますが、大切なパートナーにしか見せない部分だからこそしっかりとお手入れしておきたいところですよね☆

 

このデリケートゾーン脱毛はまだまだ日本人にとっては認知度が低いようですが、海外女性にとっては常識的なことなんですよ^_^ その違いはまず体質の差にあるようです。外国人は私たち日本人と比べて食文化などの違いから体臭のきついイメージがありますよね。そのためデリケートゾーンの毛を無くすことで“蒸れ”を防いだり“菌の感染や繁殖”を防いで陰部を衛生的に保ち体臭を軽減させるということが目的の一つ。そして現代では日本人女性も露出度の高い大胆な水着でファッションを楽しむ傾向にありますが、海外のビーチでもよく見かけるように非常に接地面の少ないビキニを格好良く着こなすためにオシャレの一環として脱毛したりもするんです。

 

広告1

 

また海外と日本の美的意識の差からも違いが出てくるのだと思います。今でこそ日本の中高年の方々も美意識を高く持ちオシャレに気を使う方も多くなってきたように思いますが、海外の中高年の方々と比べるとやはり上をいかれていますよねwこういった違いから、脇や肘下,膝下といったパーツはしっかりと脱毛していてもデリケートゾーンの脱毛へは手を付けていないという人が多く、まだまだ日本ではデリケートゾーン脱毛への認知度が低いのでしょうねf^_^;)

 

【デリケートゾーン脱毛】は大きく3つの箇所に分けられ、デリケートゾーンを【 V・I・Oゾーン 】ともいいます。

 

 

【 Vライン】

ビキニラインと呼ばれる箇所ですね。レースクイーンのレオタード姿を想像してもらうと分かりやすいかと思いますが、大きく角度のついた“ハイレグ”の部分がアルファベットの“V”と照らし合わされますよね。このVゾーンからムダ毛がはみ出さないようにw脱毛します。私がまだピチピチのギャルだった頃はバブル全盛期でギュンギュンに角度のついたハイレグ水着が大流行りでした(笑)私のムダ毛はそのハイレグの中に収まってはくれなかったので脱毛サロンに駆け込みましたね?w普通の人は収まりませんよね?(。-_-。)また、Vゾーンの中でも【 V 上部 】と呼ばれる箇所があります。おへその下周辺の箇所で、下着を着けたときに正面から見て真横に渡るパンティラインのあたりになります。股上の浅いローライズ用の下着やビキニ姿のときに気になるところですね。

【 Iライン 】

女性器の周辺、両サイド部分の箇所ですね。お恥ずかしいお話ですが、脱毛以前の私のこの箇所は結構な剛毛でした。ボーボーってやつです(。-_-。)・・・もちろん大好きなパートナーに見られることも恥ずかしかったし、膣内に入り込んでしまうと自分もチクチク痛いし彼も痛がってたこともあって、ただただごめんなさいってお話デス。。自分が痛いのも嫌だしパートナーにとっても不快になられてしまってはもっと嫌ですよね。。(~_~;)

【 Oライン 】

お尻まわり,肛門まわりのことです。ここは、なかなかチェックを入れない箇所かもしれませんね。鏡を使ってわざわざ見ないと確認できませんし自己処理するにも困難...普段から目に着くとこでもないのでノーマークの人が多いのでは?!でもでも大好きな彼にだけは丸見えになることもあるかもですよね?(。-_-。)チェックしにくいがゆえにノーマークにもなりがちなところ。されど私的にはココのムダ毛が1番恥ずかしく感じます!

 

【デリケートゾーン脱毛まとめ】

 

【 V・I・Oゾーン 】=【デリケートゾーン】ということですね☆

この【 V・I・Oゾーン脱毛 】は【ハイジニーナ脱毛】とも呼ばれていて、ハイジニーナとはhygiene(衛生)が語源となった造語のようです。本来は完全な無毛状態にすることを指しますが、それにするには抵抗のある人も多いかもしれませんね。そういった場合はどれくらいの範囲で毛を残したいのかサロンの方にきちんと伝えて相談するようにしましょう^_^☆ またサロンによってはIラインの粘膜付近からやや離れた範囲までしか対応していないところもあるので確認が必要です。

【 V・I・O ゾーン脱毛】をする時は各箇所ごとに受術できるサロンも多いですが3点セットで脱毛することをオススメします♪

そして施術時の格好や体勢が気になるところですよね(。-_-。)まずほとんどの脱毛サロンが“紙パンツ“を着用しての施術になります。前情報で想像するだけでも恥ずかしくなってきてしまいますが、サロンのスタッフの方達は大抵の人が自身も経験していることですし何百人ものお客様の施術を行ってきてるわけですから、格好が恥ずかしかろうが剛毛が恥ずかしかろうが何とも思っていないのが事実ですw そんなことよりも粘膜付近の非常にデリケートな箇所ですので他のボディーパーツの施術を行うときよりも神経を張り巡らせて集中しているんです( ? ?-?? )

 

施術時の体勢は【 V 】【 I 】は寝そべった状態から軽く股間を開いた体勢がほとんどです。紙パンツをめくりながらですので、さらけ出される事はありませんよ☆【 O 】に関しては、お尻の肉厚があるため特に施術しづらい箇所になります。毛深さによっては、うつ伏せで股間を開いた状態や四つんばいになることもあり大変恥ずかしく思うかもしれませんが、やはり相手は脱毛サロンのスタッフでありプロフェッショナルの方なので恥ずかしがることなんてありませんよ!【 デリケートゾーン脱毛】は特に技術を要する箇所ですが、脇脱毛や顔脱毛と同様に施術範囲も狭く、それぞれのサロンが技術ならびにマシンを積極的にアピールしたい箇所でもあるため“割引キャンペーン”などでピックアップしているサロンが多いです。日本ではまだあまり認知されていない脱毛ゾーンなこともあり比較的リーズナブルな単価設定にしている脱毛サロンが多いので今がチャンスです( ? ?ω?? )??