脱毛前 注意

MENU

脱毛前に注意すること

広告1

脱毛をすると決めたらまずは下記要項が自分に該当していないかをチェック!!毛周期などの確認は施術技師が確認してくれますが、下記に該当項目があったなら、必ず安全に脱毛を行う前にや脱毛サロンで施術前の無料カウンセリング時にはスタッフまで相談するようにしましょう。

 

日焼けをして肌が黒い人

光脱毛では使用される光線は黒色に反応してしまいます。その為、日焼けした肌に光線を照射した場合、肌表面で光線が遮られ毛根まで光が届かずに脱毛効果が得られない場合があります。

脱毛の希望箇所にホクロやシミがある

シミやホクロなどの黒い部分は光線が反応してしまう為、脱毛できません。またアザによって色素沈着が起こっている部分も同様です。これを無視して光線をあててしまうと軽傷の火傷をしてしまう場合もあります。通常はメンディングテープなどをホクロやシミの部分に貼り付け光が当たらないように施術していきます。

妊娠をしている方

ホルモンバランスは体毛に強く影響しています。妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、よって毛周期も乱れやすいので脱毛することはできません。例え脱毛しても胎児に影響があるという訳ではなく、同じ箇所からまた毛が生えてくる可能性があるので脱毛効果が低いと言われています。その時期は脱毛のことを一旦忘れてしまった方が賢明だと思います。

吹き出物、肌が炎症している

ニキビや吹き出物など肌が炎症している箇所に脱毛施術など外的刺激を与えてしまうと悪化することが考えられます。小さいニキビなどの場合はそのまま脱毛施術を行う場合があるようですが、大きな場合はメンディングテープなどを貼りその部分には光が当たらないようにします。ニキビや吹き出物の治療でレーザー治療等があるから大丈夫かと思われる方もいらっしゃると思いますが光脱毛での光線とは異質なものですので酷いニキビの場合にはその部分を脱毛しない方が賢明です。

薬を服用している

薬の種類によっては光線過敏症が出てしまうことがありますので抗生物質系で下記に該当している薬を服用されている方は、スタッフまで相談してください。フェノチアジン系の向精神病薬、テトラサイクリン系の抗生物質、キノロン系の抗菌薬、解熱鎮痛薬、血糖降下薬、抗がん剤、チアジド系の利尿薬等

肌が乾燥している

乾燥肌と脱毛は密接な関係にあり、フラッシュ脱毛では肌が弱い人でも比較的使いやすい脱毛法ではありますが、脱毛効果を思ったより得られない場合もありますので注意が必要です。

生理中の人

こちらも妊娠中と同様の考え方です。生理中はホルモンバランスが崩れやすい為、脱毛効果が薄く、抵抗力の弱った肌へ無理に当ててしまうと肌トラブルへもつながります。

に対してアレルギーのある人

日焼けをして水泡や発心が出たり、朝日を浴びて肌が赤くなってしまったりする方は光アレルギーの可能性があります。光アレルギーの疑いがある人は脱毛施術前に無料カウンセリングでフラッシュテストをしてもらいましょう。